前へ
次へ

民法を中心として様々な法律の勉強をしたことについて

私は大学に入るまでは法律に関して全く関心はなく寧ろ難しく感じて裂けていた面があったのですが、大学は法学部を選択したこともあり法律について勉強するようになりました。
ただ初めのうちは法律を勉強するのがとても億劫に感じてあまり頭に入らなかったのですが、2年生になってから徐々に勉強するのが楽しくなり法学系の講義を積極的に受講するようになりました。
私が法律に関心を持った大きな理由は親族間での遺産分割協議に参加したことで、この時に法律を知っていることによって助かることが色々あることを知りました。
そういったこともあって私は民法を中心に法律に関心を持つようになったのですが、目標もなく勉強していてもあまり頭に入らないと考えて資格試験を目指すことにしました。
とは言ってもあまり難解な試験だとやる気をなくしてしまうので行政書士試験の勉強をすることにしたのですが、それにより民法を中心として様々な法律を学ぶことが出来たので本当に良かったと思っています。

Page Top