前へ
次へ

相続人となったとき気を付けたいこと

父が亡くなり遺産を相続することになりました。
昔、友人が親の遺産を相続すると喜んでいたら、財産より負債のほうが多かったので大変だったことを思い出しました。
そこで、友人にその時のことを話してもらいました。
友人は、借金があるとは知らずに、葬儀費用を払うために親の財産を処分し親名義の預金も解約したたそうです。
友人は、住宅ローンはあることは知っていたけれども、契約者である父が死亡したことで生命保険で返済ができると考えていたそうです。
ですから、借金などの負債はほとんどないと思っていたそうです。
しかし、後で調べてみると財産よりも負債のほうが多いことが分かりました。
そこで相続放棄の手続きをしようとしたところ、財産処分や預金解約をした後なのでできないと司法書士から言われたそうです。
ですから、借金があるかわからないうちは、絶対に親の遺産には手を付けてはいけないと言われました。
相続放棄には手続きが必要です。
司法書士に相続放棄の申立書を作成してもらい手続きをする必要があることも教えてもらいました。
安易に負債が多ければ相続放棄をすればよいと考えていましたが、慎重にしなければいけないと思いました。

Page Top